記事一覧

◆絶対必要!勉強方法について 
◆投資はリスクがつきもの!注意が必要です 
◆初心者はできるだけ分散投資でリスクを分散する 
◆運用利回りに気を取られないようにしましょう 
◆金利の変動にあわせた資産運用 
◆住宅ローンでの資産運用について 
◆資産運用アドバイザーを上手に探すコツ 
◆外貨預金による資産運用が俄然役にたつようになってきています 
◆投資の情報は雑誌と本を使い分け 

だれでも出来る!資産運用は難しくない

TOPページへ戻る

資産運用は目的の設定が必要です。

資産運用コラム

資産運用の目的は、お金を増やすことです。

つまり、資産を投資により、効率よく資産を増やすことを指します。



社会情勢の変化により、社会保障の減額やリストラなど雇用不安などにで、将来に備えたいと考える方が多数を占めています。

これまでは、貯金を行う方が多かったのですが、アベノミクスによる株価上昇や円安により、投資を始める方が増えています。

特に顕著なのがこれまで貯蓄しか行ったことがなく、投資を全く行ったことがない方や女性の投資家が多くなっています。



資産運用の手段として幾つかあります。

株式投資から投資信託、FXなど様々あり、特にFXに関してはこれまでにないほどの利用者が増えています。

特に主婦といった女性の利用が目立ちます。



最近では、資産運用のセミナーも人気があるそうです。

ここで注意が必要です。

投資と貯蓄はことなります。

投資とはFXや投資信託などリスク商品によって資産を運用し、元本割れや元本の変動があります。

資産を増やすことを重点に置くことを指します。



また、貯蓄は、元本割れがなく、保全されます。

貯金や預金がこれにあたり、資産を増やすというよりは、貯めるということに重点を置いています。

資産運用を行う時は、自己責任です。



自分の資産は自分で守るという意識や目標を設定することです。

どのような目的で資産を増やしたいのかをハッキリさせることで資産の投資方法が異なります。

また、自分の運用スタイルを確立させることで投資の手段を明確に行うことが出来ます。

そして、知識を蓄積することです。



投資は、自分の相場観や基本的な金融知識が必要です。

人からの情報に惑わされずに、自分で投資判断を下せるようにならなければなりません。


Copyright © 2013  だれでも出来る!資産運用は難しくない All Rights Reserved.